足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

未分類

TPPつまり日本車が世界で売れる?

TPPの閣僚会議で大筋合意した内容は、アメリカが、日本製自動車部品の80%超で関税を撤廃することで合意しました。またアメリカに対する日本製自動車に課す2.5%の関税を25年かけて撤廃することでも合意したのですが、関税をゼロにする自動車原産地規則では、55%で合意しました。 自動車の原産地規則交渉にあたって日本は40%程度を要求していただけに、少し残念な気もします。 しかし、カナダに対しては、日本から輸入する完成車への関税6・1%を一定の猶予期間を経て撤廃することになったので、この点については収穫でした。 今後は欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉へ弾みがつきそうです。

Facebookからコメントする

comments