足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

お役立ち情報

ワイパーブレードの交換時期

 

 ワイパーブレードの交換時期はどこで判断するのですか?

という質問がJAFのホームページに先ごろ掲載されました。

抜粋すると、

ワイパーの主な役割は雨天などの悪天候時にウインドウに付着した雨滴や汚れを取り除き、視界を確保することにあります。

そのワイパーの要となるワイパーゴムは紫外線や熱の影響を受け、時間の経過とともに劣化が進みます。

そうなると拭き取りムラが発生してしまい、雨滴をきれいに取り除けなくなるなど、そのまま使い続けていると良好な視界が確保できず、大変危険です。

また、フロントガラスに発生する微細なスリ傷(ヘアライン)を防止するためにも定期的な交換をおすすめします。

 

劣化したワイパーブレードの使用は大変危険と報告しています。

その上で、

最近では、「追従走行」や「衝突被害軽減ブレーキ」などを目的としてウインドウ越しにセンサーカメラを設置するモデル(スバル「アイサイト」など)も増えてきました。

ワイパーゴムの劣化が発生してしまうと、この拭きムラがセンシングの邪魔となり、正確に画像を取り込むことができなくなることも考えられます。

安全装備を正しく作動させるためにも、ワイパーゴムの交換はとても重要です。

 

とあります。最近では、「追従走行」や「衝突被害軽減ブレーキ」といった新機能が搭載されている車が増えています。

高速道路で「追従走行」を薦めている車メーカーもあります。安全走行のためにも定期的なワイパーブレードの交換を意識しておきましょう。

 キャプチャ

 

 

 

 

Facebookからコメントする

comments