足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

足立区のガソリンスタンド帝国鉱油

お役立ち情報

不思議なダニ対策

7月22日に放映されたNHK「ためしてガッテン」の「今こそ!ダニ撲滅宣言」が話題になっています。

 

特にダニ撲滅方法で注目されているのが「炎天下の車内に布団を入れておく」だけというもの。

 

ダニはアレルギー性疾患を引き起こすだけでなく、ウィルス等による重篤な感染症を発症させることもあるという。

美容にもダニが増えすぎると、肌がくすむ、キメが粗くなるといった顔トラブルの原因にもなるということで、女性には興味津々の話題ですね。


ところが、ダニは洗濯や日干ししても死滅しないことが判明しました。
 
そのダニにも弱点がある。それが「50度以上の熱」に弱いということ。

「炎天下に置いた車内に寝具を入れると、すみずみまで温度が50℃以上に達します。影になっている部分では温度が上がりづらいので、フロントガラスの下、太陽の光が十分あたるところに寝具を置いて、裏表2時間程度、日に当てることがポイント」になるそうです。

IMG_0199-0.JPG

ダニは、2~3カ月が寿命ですが、その間に1日に1~3個ずつ産卵する。卵が成虫になるまでの期間は約2週間。このサイクルを考えると、1週間に1回布団を車内に運ぶのがベストということになりますが、そこまで神経質にならずとも1ヵ月に1回程度は行っておきたいものです。

皮膚科の医師に聞いたところ「車内にダニの死骸やフンが残る可能性が高いので、実施後は清掃することを勧めます」とアドバイスを頂きました。
ダニの死骸も喘息の原因になったり、異臭発生になったりするので、ハンディクリーナーなどで吸い取っておきたいですね。

日本気象協会では、「真夏日地点は多少減ってはいきますが、それでも東北南部から九州、沖縄は広く30度以上の予想です。広い範囲での猛暑は収まりますが、引き続き熱中症には注意が必要」とまだまだ猛暑の出口は遠そうですから、車内干しの機会もありそうです

Facebookからコメントする

comments